ご挨拶


 全国医学部国際交流協議会は、2009年に、前身「全国医科大学国際交流センター連絡協議会」として、皆様のご賛同をえて設立致しました。当協議会は、全国医学部ならびに医科大学に於いて、学生・研修医・大学院生・医師の国際交流を活発にし、若い医師の国際的交流活動を支援し、国際的に活躍出来る人材養成を目指すと共に、諸外国医科大学との連携を図ることを目的としております。
 また、下記の目標と役割を掲げ、わが国の医学教育体制のグローバルスタンダート化を目指し、各医科大学の連携、情報の共有のために国際交流協議会および研究会を開催しております。


1. 各大学国際交流センターとの連携ネットワークの整備
2. 国際交流センターの施設の整備(研修施設、宿泊施設)
3. 医学生の国際交流の推進
4. 大学院生の国際交流の推進
5. 海外からの留学生、研究生、学者招聘事業の推進
6. 全国医学部国際交流センターの連携の推進、情報交換など
7. 医学研究の国際的拠点作り(情報、研究拠点など)
8. アジア、欧米医科大学、医学部との連携関係の推進
9. 医学生、大学院生の英語での発表、討論能力向上のためのセミナー並びに講
習会開催
10. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 今後の国際交流活動への積極的な取り込みに向け、皆様のご意見、ご助言をお待ちしております。
2018年9月


全国医学部国際交流協議会
代表幹事 衞藤 義勝